不眠症になった時の心身の状態と改善

FrontPage

不眠症を改善する

不眠症の原因になること

  • 最も多いのが、就寝時の気持ちの問題です。「眠ろうとするけど、あれこれ考えてしまって、いつまで経っても眠れない」という人が非常に多く、不眠症の傾向の人です。
  • こうした状態は脳がいつまでも休息できない状態になり、睡眠モードに入らなくなります。
  • 睡眠とは、一言で、脳が思考活動を休止している状態になっていることを言います。
  • 脳は精神的に疲れている場合、交感神経の働きが強くなり、逆にリラックスを促す副交感神経の働きは弱くなります。
  • 脳は休息することで、情報の整理し、記憶を蓄積したり、身体の各部に機能を与ると言ったことができます。
  • 脳の休息ができない、不眠が続くと、当然ながら頭がボーっとし判断力・集中力が低下し、身体各部の動きもスムーズでなくなり、調子も悪くなります。**脳を休ませることと睡眠 [#c5ca5cff]
  • 快適な睡眠状態にする様になるには、心身をリラックスをして、副交感神経の働きを交感神経よりも活発に働かせる事が、不眠を改善する重要なポイントになります。

不眠症に悩む人

  • 20%は不眠症で悩む人である、と言われるほど増加の一途です。
  • 今や昼夜問わず、24時間便利・快適に暮らせる半面、時間帯に関係なくに暮す人も増え、不眠症人口は増加の一途をたどっています。

不眠症になった時の心身の状態

  • 考える力がない・・・・
    • 思考能力が低下・集中力も欠け、やる気も起らない。
  • 肌状態が悪い・・・・
    • 肌あれ・張りやつやが無くなる
  • 風邪状態・・・・
    • 風邪や病気になったりもします。

不眠症だと思う人はすぐに対策、改善すべきですね

不眠症を緩和するコツ

  • 眠気を起す睡眠物質は、1日のパターンとして、起床してから14時間後にピークを迎えるよう放出されます。
  • だからと言って、起床後あまり日光を浴びない、
  • 就寝す2〜3時間前に、明るい照明の部屋で過ごすという事をしない、これは睡眠物質の放出時間を遅らせてしまいます。
    これは眠りたいのに、眠れないという不眠が起ります。
  • 日中、日光に当たる事ができなくても、就寝2〜3時間前に照明を少し落とした部屋で過ごすことで眠気が起り、不眠状態を回避できます。

不眠症と入浴

  • 眠気が出るポイントは、体温が下がった時です。体温が下がってくると、体の防御反応が起り体力を保つ為に全ての機能を弱くさせようという力が加わります。
  • 就寝前の入浴は、眠りやすくする働きを持っているのです。
  • 睡眠しても寝不足を感じる人
    • 熟眠障害も考えられます。
    • いびき:指摘された事がある人は、まずはいびき対策から始めることをおすすめします。
  • 無呼吸症候群、むずむず足症候群:
    • 病気が原因で睡眠不足になっている人おります。

いびきを指摘された事がある人は、専門医に相談しまず、いびき改善から始めることです。

不眠・睡眠障害の改善のためのサプリメントなどの紹介

  • サプリメント:MELLODYNは自然素材でできており、人体に無理を与えずに人間が本来持っている睡眠と起床の周期バランスを回復します。また、無理を与えないため、目覚めが良いのも特徴です。(ショップ広告文)           MELLODYN(不眠・睡眠障害の改善)【メンタルサプリストア】
  • 関連書籍: 睡眠障害の対応と治療ガイドライン

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional